楽天トラベル 東京ディズニーリゾートプランはこちら>>
PR

【節約術】ディズニーに安く行く方法!ホテル代や交通費のお得情報!

ずっこをフォローする
ディズニーに安く行く方法を元ディズニーキャストが紹介! ディズニー情報まとめ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ディズニー行きたいけど、チケット代だけで結構な出費だなぁ・・・

グッズも食べ物も金額が高くて、楽しめるか不安。

こんな悩みはありませんか?

ディズニー旅行に行きたくても、何万円もの出費が痛くてなかなか気軽にはいけませんよね。

少しでも節約したい。そんなママやパパはたくさんいるはずです。

私も子供が3人もいるのでできるだけ節約したいんですよね・・・でもディズニーは楽しみたい!!

パーク内で思いっきり楽しむためには、行く前に節約の対策をしなくてはなりません!

どうも、元ディズニーキャスト、3児ママのずっこです!

今回はディズニーの節約方法や、チケット代の値上げ後と現在の料金比較表や値上げの理由を紹介します。

節約できるところは節約して、おいしいご飯や、かわいいお土産にお金を使って、楽しいディズニー旅行にしてください!

この記事でわかること
  • チケット代の節約
  • グッズ系の節約
  • 宿泊代の節約
  • 交通費の節約
  • 食費の節約
スポンサーリンク

チケット代の比較表と値上げの理由

どんどん値上げされている東京ディズニーランドとシーですが、2023年10月1日にまた値上がりすると発表されました。現在の価格と新しい価格で比較してみましょう。

1 デーパスポートの料金比較表

大人(18歳~)10,900~7,900円
中人(12~17歳)中高生9,000~6,600円
小人(4~11歳)幼児・小学生5,600~4,700円

大人料金は、最大価格が1,500円アップ、中人は1,200アップと大幅に値上げすることが分かります。小人は据え置きですがその理由として「小さなお子さまにもご家族等と一緒に素敵な思い出を創っていただきたい」とのこと。

値上げの理由は来場者数の分散のため

また、今回の値上げの理由は、2023年に開業予定の東京ディズニーシーの新エリア。価格帯を増やし、ゲストの来場数を分散させる狙いがあります。分散させれば、アトラクションの待ち時間の緩和ができ顧客満足度もアップできますよね。

ディズニー旅行に行く前の節約術

まずは行く前に、当日出費を少なくするための準備が必要です!当日の財布のために、チェックしておきましょう!

ディズニー旅行計画時の節約術
  • チケット代の節約(キャンペーンや安い日時にいこう)
  • 宿泊代の節約(安いホテルやクーポンを使おう)
  • グッズ系の節約(フリマアプリで購入)

ディズニーチケットの節約|キャンペーンや安い日時にいこう

ディズニーのチケット代を安く買う方法

まずはチケット代!東京ディズニーリゾートは変動価格制を導入しました!日によって料金が異なりますよ!

1 デーパスポート
大人(18歳~)10,900~7,900円
中人(12~17歳)中高生9,000~6,600円
小人(4~11歳)幼児・小学生5,600~4,700円
チケットを安く購入する方法
  1. 安くなる日時を選択
  2. キャンペーンを狙う
  3. パッケージプランを利用する
  4. 株主優待で行く
  5. ディズニーJCBカードチケットプレゼント(抽選)

チケット代が安い日や時間に行けば数千円はお得

平日や時間指定のパスポートを選ぶと、安く行くことができます!

ご自身の都合に合った日時で安く購入できる日があれば利用してくださいね!

日時による割引
  • 入園時間指定パスポート(10:30~)
    大人 7,900円~8,900円
  • ウィークナイトパスポート(平日17:00~)
    大人 4,800円~5,400円
  • アーリーイブニングパスポート(休日15:00~)
    大人 6,800円~7,400円

お得なキャンペーンを利用するのもおすすめ

キャンペーンを行っている期間もあるので、割引キャンペーンは見逃さず!しかし、キャンペーンによっては混雑するデメリットもあります。

パッケージプランを利用する

パッケージプランはお得なものが多いですよね!

宿泊もする場合はパッケージプランを検討してみてくださいね!

おすすめ【楽天トラベル】東京ディズニーリゾートへの旅プラン一覧

おすすめ日本旅行【東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルセットプラン】

ディズニーJCBカードチケットプレゼント(抽選)を利用する

ディズニー好きなら、このクレジットカード!

ディズニー★JCBカードでは、抽選でパークチケットや公式ホテルの宿泊券が当たります!

カードのデザインが可愛いのも嬉しいですよね!

ディズニー旅行の宿泊代の節約(安いホテルやクーポンを使おう)

ディズニーのホテル代を安くする方法

ディズニー旅行は宿泊代もお金がかかりますよね。テレビで紹介されているような有名なホテルは、宿泊代が高くてなかなか利用しづらいのが現実です。

そこで今回は、ディズニー周辺の安くいホテルおすすめ3選を紹介します。

最安値が5,000円以下楽しめるサービスや設備があるパークへの無料シャトルバスがある。この3つのポイントで選びました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ホテル最安値おすすめポイント旅行サイト
SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア3,000円~天然温泉が楽しめる!テラスからはパークの花火も観れる!楽天トラベル / じゃらん / るるぶトラベル / Yahoo!トラベル / JTB
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート2,600円~コンセプトルームが充実、館内にディズニーグッズショップも完備!楽天トラベル / じゃらん / るるぶトラベル / Yahoo!トラベル / JTB
オリエンタルホテル東京ベイ2,837円~ウェルカムラウンジでは、ドリンクや生ビール、お菓子が無料で楽しめる!楽天トラベル / じゃらん / るるぶトラベル / Yahoo!トラベル / JTB
\ほかにも安いホテルを知りたい人はこちら/

また、楽天ふるさと納税の楽天トラベルクーポン返礼品は安いホテルをさらにお得に利用できるので、おすすめです!

ディズニーグッズの節約(フリマアプリで購入)

ディズニーのカチューシャなどのグッズを安く済ませる

パーク内でつい欲しくなって買ってしまう、
Tシャツカチューシャなどの身に着けるグッズ!

ポップコーンバケットなど、
フリマアプリを見てみると、たくさんのグッズが出品されています!

中古のものは安く買えるので、ぜひ、フリマアプリを使ってみましょう!

\半額以下の商品も!/
ずっこ
ずっこ

使用した後も、自分でフリマアプリに出品して売れれば、
とっても安く済みますよね!!

海外のものや今は販売されてないものからも選べるので、
人とかぶらないものを選びたい!という方にもおすすめです!!

また、ディズニーデザインの洋服はプチプラブランドでも手軽に購入できるので、そういったお店で買うのもお得ですよ!

ずっこ
ずっこ

我が家はしまむらで揃えました!

その後も保育園着としてフル活用!

ネットで買うのもあり!
\子供は一年中コスチュームOK!/
シアラ(CIARA)ポーチ・雑貨屋
¥3,980 (2024/02/21 19:50時点 | 楽天市場調べ)

当日ディズニーパーク内での節約術

パーク内での節約術
  • 交通費の節約
  • 食費の節約(安いフードで楽しむ)

ディズニー旅行の交通費の節約

ディズニーの交通費を節約する方法

人によってどのような交通手段を使うのかは異なりますが、交通費の節約方法を3つ紹介します。

  1. 高速道路代金の節約方法は2つ
  2. 交通機関やレンタカーは比較サイトで最安値を見つける
  3. 公式駐車場は利用しない

高速道路代の節約方法は2つ

高速道路代を節約する方法はこちらの2つです。

  • 割引される時間帯に利用する
    >>30%割引で利用できる日もあるので公式サイトにてご確認ください。

交通機関やレンタカーは比較サイトで最安値を見つける

飛行機や深夜バス、レンタカーを利用する場合は、比較サイトにて最安値を見つけて節約しましょう!

おすすめサイトはこちらの3つです。

>>夜行バスで子連れディズニーは行ける?何歳から乗れるかも解説

駐車場代の節約(電車を使うことを候補に)

まずは、駐車場代の節約です!
痛い出費なので少しでも節約できたら嬉しいですよね!

東京ディズニーリゾートの駐車場代は、
普通乗用車:¥2,500(平日) ¥3,000(土日祝日)

結構な出費・・・!

節約家族には辛い・・・

そんな時にオススメなのが、
東京ディズニーリゾート周辺の電車の駅近の駐車場に車を停めて
少しだけ電車に乗ること

舞浜駅のメロディでテンションが上がる、私のような人も嬉しいですね!笑

舞浜駅周辺の駐車場を探せば、歩いてパークに行けますよ!

駐車場をあらかじめ予約できるサイトakippa(あきっぱ!)を利用するのがオススメです!

  • 空き駐車場を利用するから格安!
  • 公式駐車場は道が混雑するため、渋滞回避に!
  • パークまで歩いたり、電車に乗らなければならない
  • 個人の空き駐車場もあるため、整備されていない可能性あり

予約時にレビューや写真を確認してみてくださいね!

\ディズニー周辺の駅の近くのお得な駐車場が見つかる!/

おすすめディズニーは交通費を安く済ませよう!節約術6選を元キャストが紹介!

ディズニーの食費の節約(安いフードで楽しむ)

ディズニーの食費節約方法

当日の節約はやっぱり食費!!!
食費を抑えても十分楽しめるのがディズニーの魅力なのです!

もちろん、キャラクターと会えるレストランに行きたい!
など、お目当てのレストランがある場合には、行ってくださいね
思い出作りが一番大切★

他で節約すればいいんですよ!
優先順位を決めて計画すればヨシ!

飲み物は持参!なくなったら自動販売機で!

パーク内の飲み物は価格が高いので、持参しましょう

夏などの暑い日は、すぐなくなってしまいますよね。飲み物の追加購入はお店で飲むのではなく、自動販売機で買ったほうが安く済みますよ!

ペットボトルの飲み物を持っていれば、お店でご飯を食べるときに飲み物を購入する必要もなくなるので節約につながります!

朝食は入園する前に

朝食はパークに入る前に済ませてしまいましょう!
我が家は車の中で食べますが、
パークの入口の近くに『ピクニックエリア』という場所があります。
持ってきたお弁当などを食べてもいいスペースなので、
おにぎりなどを持参して食べるのもいいかもしれませんね♪

どうしてもパーク内で朝ごはんを食べたい!!
ディズニー気分を味わいたい!!
そんな方は・・・
ベーカリーがオススメ!!パン屋さんです!!

ディズニーシー マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー

もちろん、節約ランチにもオススメ!
・マイクメロンパン(300円)
・チキンマヨネーズデニッシュ(360円)
画像にはありませんが、クリームパン(290円)などもありますよ!

ディズニーランド、ディズニーシーどちらにもパン屋さんはあります!
ぜひ、行ってみてくださいね^^

昼食は安いお店やフードで

レストランは2000円前後かかってしまうことが多いです。
昼食は1000円前後に抑えたいところ・・・

予約制のレストランではなく、
ワゴンの食べ歩きフードや比較的安いレストランで済ませましょう!

ピザやハンバーガーなどが1000円以下で食べられるのでオススメですよ!
ワゴンなどで販売している、食べ歩きフードなら、500円ほどで食べられるものが多いです!
チキンレッグや、ホットドッグ、餃子ドッグなど!

ドリンクやポテトがついたセットではなく、単品を購入して節約!

ディズニーシー カスバ・フードコート ビーフカリー(1100円)

こちらはディズニーシーのアラビアンコーストにある、カリー屋さん
チキンカリーは900円と比較的安めのレストランです^^

再入園。イクスピアリで済ませる

再入園ができるので、イクスピアリで食べる!
なんてのもアリですね!

イクスピアリグルメPICKUP
  • 一風堂
  • 銀だこ
  • サイゼリヤ

一回外にでるので、時間のロスがあります・・・
パーク内で食べた方が、たくさん遊べるのは事実!!

小腹が空いたらワゴン系フードを楽しもう!

ディズニーの食の醍醐味と言っていいほど、
ワゴンのフードはたくさん種類がありますよね!
ポップコーン、チュロス、骨付きソーセージなど
おいしいものがたくさんあるので楽しいですね^^

夕食は外に出てから

夕食は退園して帰りながら食べちゃいましょう!
パーク内でちょこちょこたべていると、
あまりお腹が空かなかったりしますよね!

朝と同じように、夜も車の中で楽しくご飯食べちゃいましょ!

ディズニー節約方法まとめ

ディズニーの節約方法を紹介しました。

重要なポイントは、行く前に安いホテルや駐車場を予約することです!

当日パーク内で我慢なく楽しめるように、しっかりと対策してくださいね!

当サイトではほかにも、子連れディズニーの情報を中心にさまざまな記事があります。

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!